とっておきの伊勢志摩 ―まだ見ぬ景色に出逢う旅―

menu

文化

古くからの信仰と祈りが形となり今に残る、
伊勢志摩が育んだ独自の伝統と文化。

  • イメージ

    伊勢和紙館

    • 伊勢市

    伊勢志摩
    ならではの
    多彩な和紙を販売

    伊勢神宮の御神札に用いる和紙を製造する大豊和紙工業の敷地内にあるショップ・資料館。杉皮や海藻を漉き込み伊勢の風土を映した手漉き和紙など、多彩な伊勢和紙が展示・販売されています。

    Tel
    0596-28-2359
    住所
    三重県伊勢市大世古1丁目10-30

    詳しくはこちら

  • イメージ

    海女

    • 鳥羽市
    • 志摩市

    神代から続く
    伝統の手獲り漁

    数千年前から変わらない伝統技術により、素潜りであわびやさざえを採る海女。伊勢神宮との関係は古く、倭姫命が天照大御神の神饌を求めていたところ海女と出会い、あわびを伊勢神宮に奉納するように命じたとされ、現在でも受け継がれています。自然と共存する海女さんの姿は、伊勢志摩国立公園のシンボルともいえる存在なのです。

    • 鳥羽市立
      海の博物館
      • 鳥羽市
      Tel
      0599-32-6006
      住所
      三重県鳥羽市浦村町 大吉1731-68

      詳しくはこちら

    • 海女小屋
      相差かまど
      • 鳥羽市
      Tel
      0599-33-7453
      住所
      三重県鳥羽市相差町 前の浜

      詳しくはこちら

    • イメージ
      海女小屋
      はちまんかまど
      • 鳥羽市
      Tel
      0599-33-1023
      住所
      三重県鳥羽市相差町819

      詳しくはこちら

    • イメージ
      海女小屋
      体験施設
      さとうみ庵
      • 志摩市
      Tel
      0599-85-1212
      住所
      三重県志摩市志摩町越賀2279

      詳しくはこちら

  • イメージ

    剣祖祭

    • 南伊勢町

    武芸者が集まり、
    剣道の祖を偲ぶ祭り

    「陰流」を開き剣道の祖とされる愛洲移香斎を偲び、毎年五ヶ所城址にて行われる武芸奉納の祭りです。五ヶ所浦は南北朝時代から室町時代にかけて愛洲氏が治め、伊勢神宮に通じる南の玄関口として栄えた土地でもあります。

    詳しくはこちら

  • イメージ

    旧小津清左衛門家

    • 松阪市

    参拝者に施行した
    松阪屈指の豪商

    江戸時代に活躍した豪商・小津清左衛門の屋敷が、往時のまま今に残されています。
    お伊勢まいりが流行した当時、伊勢街道沿いにある屋敷の界隈は参拝者であふれ、小津家は彼らに食物を配る「むすび施行」を進んで行ったとされます。

    Tel
    0598-21-4331
    住所
    三重県松阪市本町2195

    詳しくはこちら

伊勢志摩が育んだ文化

  • 酒徳昆布

    • 伊勢市

    素材を活かす「生なり文化」を伝える老舗

    イメージ
    Tel
    0596-28-2068
    住所
    三重県伊勢市神久2丁目7-20

    詳しくはこちら

  • 伊勢菊一

    • 伊勢市

    刃物のほか伊勢文化にちなんだ土産が豊富

    イメージ
    Tel
    0596-28-4933
    住所
    三重県伊勢市本町18-18

    詳しくはこちら

  • 伊勢古市
    参宮街道
    資料館

    • 伊勢市

    参宮街道や伊勢歌舞伎、
    古市妓楼などの資料を展示

    イメージ
    Tel
    0596-22-8410
    住所
    三重県伊勢市中之町69

    詳しくはこちら