とっておきの伊勢志摩 ―まだ見ぬ景色に出逢う旅―

menu

モデルコース 伊勢神宮ゆかりの地をめぐる旅

歴史と自然をめぐる旅

Day1松阪市・
南伊勢町・
志摩市

  1. 神服織機殿神社
    神麻続機殿神社
    松阪市

    神宮に奉納する神御衣(かんみそ)のうち、絹織物の和妙(にぎたえ)を奉織するのが神服織機殿神社、麻織物の荒妙(あらたえ)を奉織するのが神麻続機殿神社です。どちらもお宮の森に囲まれ、境内に足を踏み入れると澄んだ空気に包まれます。

  2. 柳屋奉善の銘菓
    「桐葉山」
    松阪市

    柳屋奉善は、安土桃山時代に創業した老舗の和菓子店。銘菓として知られる桐葉山は、明治天皇が神宮に参拝される際、ご成婚の祝い菓子として献上した品です。皇室にも愛された上品な甘みと深い香りが際立つお菓子をぜひ。

    イメージ
  3. 南伊勢町へ移動
  4. 見江島展望台南伊勢町

    自然が創りだしたリアス海岸の雄大な景色に、心が洗われるよう。またここから見るかさらぎ池がちょうどハートの形に見えることから、恋人の聖地に認定され誓いの鐘や“愛鍵”の鍵台が置かれています。太陽に照らされてきらめくハートの水面を眺めながら、ロマンチックな時間を過ごして。

    イメージ
  5. 居酒屋・お食事・鍋料理
    たまり場
    南伊勢町

    漁業が盛んな三重県内でも一番の水揚げ高を誇る南伊勢。そんな新鮮な魚介が集まる地で、漁師から直送される食材を使った料理が食べられると人気の食堂です。中でもなめらかな食感で旨みの詰まった伊勢まぐろのメニューが名物で、刺身定食、づけ丼、ネギトロと刺身が乗った贅沢な神前丼といろんな食べ方で楽しめます。

    イメージ
  6. 仙宮神社南伊勢町

    食後の運動も兼ねて、小山の頂上に鎮座する仙宮神社へ。伊勢神宮外宮と深い関わりがあると伝わる古社で、古代の祭祀場跡とされる磐座や、猿の顔が浮かんで見える猿神石、皮が剥がれても再生するバクチの木といったパワースポットめぐりもできます。ここからすぐ南には倭姫命にゆかりのある腰掛岩もあるので立ち寄ってみて。

    イメージ
  7. 志摩市へ移動
  8. 天の岩戸志摩市

    木立に囲まれた参道を進むと見えてくる神秘的な洞窟、天の岩戸。洞窟には恵原の水穴からは、日本の名水100選にも選ばれた岩清水が絶えず湧き出ています。また参道には禊滝があり、滝行を修める人の姿も。日本神話にゆかりの深い地は、清らかな水と空気で日々の疲れを癒してくれます。

    イメージ
  9. いかだ荘山上志摩市

    古くから風待ち港として船乗りたちをもてなした的矢の料理旅館。秋から冬にかけては地元の名産、的矢牡蠣のコース料理がおすすめです。まったりと濃厚な旨みが広がる的矢牡蠣、さらに伊勢海老や松阪牛など、勢を尽くした料理が旅の夜を彩ってくれます。

    イメージ
  10. 宿へ

宿泊施設一覧はこちら

Day2鳥羽市・
伊勢市

  1. 鳥羽展望台鳥羽市

    鳥羽と志摩を結び、オーシャンビューを眺めながらドライブを楽しめるパールロード。その途中にある鳥羽展望台は海抜163mの高台に位置し、複雑な海岸線を描くリアス海岸の眺望を見下ろせます。また水平線から昇る日の出を眺めるのに絶好のスポットとしても知られ、元旦には多くの人で賑わいます。

    イメージ
  2. 海士潜女神社鳥羽市

    海士潜女神社が鎮座する国崎では毎年のしあわびを奉納していることから、神宮とも深いつながりがあります。海女のお弁を祀る神社で、潜水作業中のめまい除けにご利益があるといわれ、地元の海女だけでなくダイバーなどからも信仰を集めています。

    イメージ
  3. 鳥羽市へ移動
  4. 浜与本店 外宮前店伊勢市

    食を司る外宮にちなんで、外宮前の飲食各店が趣向を凝らしたオリジナルの「御饌丼」を提供しています。こちらの御饌丼は、答志島産のしらすを豪快に盛った生しらす丼。鮮度がいい生しらすだけに、プリプリとした食感がたまりません。酢みそをあえる、産地の漁師流の食べ方もおすすめです。

    イメージ
  5. 神宮徴古館伊勢市

    神宮の祭りや歴史、文化に関する貴重な資料を展示している総合博物館を訪れ、参拝の前にお勉強。祭器具やお供物の資料、式年遷宮に際し撤下された御装束神宝の展示から、神宮の営みをうかがい知ることができます。建物自体も明治時代の代表的遺構として知られ、文化的価値が認められています。

    イメージ
  6. 伊勢神宮内宮伊勢市

    各地に残るゆかりの地を訪ね、それぞれをつなぐ文化的・歴史的な深い縁にふれてきた旅。その中心である神宮に立ち、これまでの思い出を振り返ったとき、神宮の見え方が少し変わっているはず。新しい気持ちで、より深い感謝と祈りを込めてお参りしよう。

    イメージ
  7. 帰路へ

「食と文化をめぐる旅」はこちら